投稿をお考えの方へ

編集後記より

 就任にあたり,この時代の学術雑誌の意味を少し考えたいと思います.最近,学術雑誌を一号眼を通されたことはあるでしょうか?テレビから YouTube の時代に移っているように,情報は“見たい物だけ見る”時代です.学術情報も,雑誌の通読ではなく,検索エンジンにより“見たい物だけを見る”ことが出来るようになりました.この検索エンジンが情報を構築する時代の中で,雑誌の時代も終わるのでしょうか.本誌の幹事は,掲載論文をすべて読みチェックします.私も幹事として,何号かの本誌に眼を通しました.本誌を通読しますと,症例に寄り添った内容で,専門分野以外の領域での,自分の知識の盲点に気づかされました.東浩紀氏は“弱いつながり”という本の中で,ネットでの繋がりを強い繋がりとし,リアルでの繋がりを弱い繋がりとして紹介し,リアルでの弱い繋がりの中に,“偶然による知の広がり”があると説いています.昔は,難しい症例は,総説論文から,孫引きを繰り返し類似例の論文を探していました.そうしますと,リアルで探しますので,偶然その号に掲載している論文も眼に入ります.引っ越しの荷造りが片付かないのと一緒で,気づくと,どんどん寄り道し,読みふけっていました.こうして得られる弱い繋がりには“偶然による知の広がり”を経験する一種の高揚感がありました.一方,検索エンジンは,一瞬で深い知識を提示してくれます.これは,強い繋がりといえます.しかし,その知識は検索語に規定され,絶対に“見たいものしか見えません”.知識は,検索語に誘導され狭く限定される危険があります.学問とは,先人の知に立ち,新たな知の領域を広げることです.これには,領域外への弱い繋がりが重要です.しかし,今や,雑誌でも領域の細分化がすすみ,一号で,広い視野を見渡すのが難しくなってきています.本誌は,各領域の専門家に編集委員を依頼しています,症例に寄り添った雑誌です.本誌を通読することで,読者が日々遭遇される患者さんの臨床に役立つ“弱いつながり”を広げ“偶然による知の広がり”を生み出せるよう,読者,投稿者に寄り添った編集を心がけたいと考えています.思考は言語に支配されます.母国語である本誌は,皆さんの思考に短時間で直接的に訴え,これを叶えることが出来ます.これを叶えるべく,編集委員の皆様と共に,本誌の編集に励んでいきたいと思います.

(小野寺 理)

投稿者へのアピールポイント

日本の神経内科学のリーディングジャーナルとして

  • ★PubMed/MEDLINEにabstractだけでなく、全文が収載されています。
  • ★日本の神経内科学のリーディングジャーナルとして、年間500万件以上(2019年集計)のアクセスがあります。
  • ★2015年からオープンアクセスジャーナルになり、アクセス数の増加、被引用論文として有利な状況となっています。
  • ★毎月、最新号のメール目次が会員へ配信されています。
  • ★2015年5月から早期公開を開始しています。

若手医師の登竜門として

  • ★卒後間もない先生方に発表の場を提供しています。
  • ★投稿論文は温かく育てましょうという理念の下、査読は極めて教育的、建設的に行われています。
  • ★査読が迅速です(2019年度の初投稿原稿の平均査読日数は8日間)
  • ★日本神経学会の英文誌Neurology and Clinical Neuroscienceと同じ、投稿システム「ScholarOne Manuscript」を採用しており、将来の英文誌の投稿へも役立ちます。

症例報告が多く掲載されています

  • ★日々の診療に直接役立つ、日本語での症例報告を多く掲載しています。
  • ★図と表を合わせて最大6個も掲載できるので、多くの情報を共有できます。完全電子化により、カラー代も無料です。
  • ★Letters to the Editorを通して、発表された症例を討議することができます。

その他

  • ★英文投稿も受け付けています。