プログラム

教育コース

教育コースとは

 第61回大会における教育コースは40~100人程度が入ることのできる例年よりも大きめの部屋を用いて、当日自由参加制でおこないます(事前登録はありません。シンポジウムなどと同じ参加方式です)。
 参加者は学術大会参加登録が必須ですが、教育コース自体は無料のプログラムとなります。
 専門医単位の付与はございませんのでご注意ください。
 講師と参加者によるインタラクティブなやり取りを通して学ぶプログラムです。
 今回は、受講者の対象レベルをおおまかに設定しております。コース詳細にてご確認の上、ご参加ください。

※注)教育コース22(EC-22)「医学生・初期研修医のための神経診察実習―神経診察を学ぼう―」のみ、ハンズオンのため30名の定員制となります。当日先着順でのご参加となりますのでご了承ください。

コース詳細

対象レベル解説
  • 初級:医学生あるいは初期研修医程度
  • 中級:神経内科専攻医(後期研修医)程度
  • 上級:神経内科専門医程度
  • 医学生・初期研修医対象:医学生ならびに初期研修医を対象として設けられたコースです

5月20日(水) 5月21日(木) 5月22日(金) 5月23日(土)

会場
【ホテルグランヴィア岡山】
No. 対象レベル テーマ オーガナイザー/司会 講師、演者 演題名

2020年5月20日(水)10:00~12:00

※No.をクリックすると「ねらい」にジャンプします。

第16会場
(3F クリスタル(B))
EC-01 初級~上級 虚血・出血・認知症~広がり続ける脳小血管病の世界 中島 誠
(熊本大学病院 脳血管障害先端医療寄附講座)

三輪 佳織
(国立研究開発法人国立循環器病研究センター 脳血管内科)
薬師寺 祐介
(佐賀大学医学部 内科学講座 脳神経内科)
脳微小出血の意義(仮)
永金 義成
(京都第二赤十字病院 脳神経内科)
進行性脳梗塞の治療と課題(仮)
高木 正仁
(国立循環器病研究センター 脳血管内科)
抗血栓療法と脳出血(仮)
植田 明彦
(熊本大学大学院医学薬学研究部 神経内科学分野)
遺伝性脳小血管病: 白質病変の鑑別を含めて
三輪 佳織
(国立研究開発法人国立循環器病研究センター 脳血管内科)
脳小血管病と認知症(仮)
第17会場
(3F パール)
EC-02 中級 片頭痛だけが一次性頭痛じゃない;ゾーンに入った頭痛診療を目指して 古和 久典
(国立病院機構松江医療センター 統括診療部(脳神経内科))

清水 利彦
(荏原製作所藤沢事業所)
今井 昇
(静岡赤十字病院 脳神経内科)
群発頭痛
石﨑 公郁子
(偕行会リハビリテーション病院 内科・リハビリテーション科)
インドメタシン反応性頭痛
菊井 祥二
(富永病院 脳神経内科)
雷鳴頭痛の鑑別診断(RCVSを含めて)
工藤 雅子
(岩手医科大学 内科学講座 脳神経内科・老年科分野)
一次性穿刺様頭痛,貨幣状頭痛,新規発症持続性連日性頭痛
第18会場
(3F サファイア)
EC-03 初級~上級 仮面舞踏会(臨床)の楽屋裏(神経病理)を覗くー臨床の鑑別力を高めるためにー 内原 俊記
(新渡戸記念中野総合病院 脳神経内科・脳神経研究室)

武田 貴裕
(国立病院機構 千葉東病院)
清水 宏
(新潟大学脳研究所 病理学分野)
パーキンソン病と類縁疾患をみわける
川勝 忍
(福島県立医科大学会津医療センター精神医学講座)
アルツハイマー病と類縁疾患をみわける
他田 真理
(新潟大学脳研究所 病理学分野)
ALSと類縁疾患をみわける
宍戸 由紀子
(京都府立医科大学分子病態病理学)
白質病変をみわける
会場
【ホテルグランヴィア岡山】
No. 対象レベル テーマ オーガナイザー/司会 講師、演者 演題名

2020年5月20日(水)13:20~15:20

※No.をクリックすると「ねらい」にジャンプします。

第16会場
(3F クリスタル(B))
EC-04 中級 ALSの人工呼吸器装着後の治療とケア 近藤 清彦
(社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 脳卒中・脳神経センター)

日根野 晃代
(信州大学医学部附属病院 難病診療センター)
山本 真
(大分協和病院 内科)
ALS患者の人工呼吸器療法 ALSに適した条件設定
駒井 清暢
(国立病院機構医王病院 北陸脳神経筋疾患センター 脳神経内科)
ALS患者の人工呼吸器装着後の療養生活とコミュニケーション方法の進歩
中山 優季
(東京都医学総合研究所 運動感覚システム難病ケア看護プロジェクト)
ALS患者の人工呼吸器装着後の看護と在宅支援
近藤 清彦
(社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 脳卒中・脳神経センター)
ALS患者のスピリチュアルケアとしての音楽療法
第17会場
(3F パール)
EC-05 中級 てんかん発作か発作性運動異常症か、それが問題だ。
(Seizures or involuntary movements, that is the question.)
池田 昭夫
(京都大学大学院医学研究科 てんかん・運動異常生理学講座)

宇川 義一
(公立大学法人福島県立医科大学 神経再生医療学講座)
杉浦 嘉泰
(独立行政法人国立病院機構福島病院 脳神経内科)
チャンネル機能、遺伝子異常から見た運動異常症とてんかん発作の違い
飯塚 高浩
(北里大学医学部 脳神経内科学)
自己免疫性脳炎での運動異常症とてんかん発作の発現機構
人見 健文
(京都大学病院 検査部)
皮質性ミオクローヌスとミオクロニー発作:てんかん発作か運動異常症か
池田 昭夫
(京都大学大学院医学研究科 てんかん・運動異常生理学講座)
てんかん発作と発作性運動異常症の生理学的病態の違い
美馬 達哉
(立命館大学先端総合学研究科)
治療的側面からみたてんかん発作と発作性運動異常症の違い
第18会場
(3F サファイア)
EC-06 中級 新しい筋疾患のガイドライン、筋強直性ジストロフィーと重症筋無力症診療ガイドラインのエッセンスと最近のトピックを学ぼう 松村 剛
(独立行政法人国立病院機構大阪刀根山医療センター脳神経内科)

村井 弘之
(国際医療福祉大学 脳神経内科)
松村 剛
(独立行政法人国立病院機構大阪刀根山医療センター脳神経内科)
筋強直性ジストロフィー診療ガイドラインのエッセンス
高橋 正紀
(大阪大学大学院医学系研究科 機能診断科学)
筋強直性ジストロフィー最近のトピックス
村井 弘之
(国際医療福祉大学 脳神経内科)
重症筋無力症診療ガイドラインのエッセンス
槍澤 公明
(総合花巻病院 神経内科)
重症筋無力症の最近のトピックス
会場
【ホテルグランヴィア岡山】
No. 対象レベル テーマ オーガナイザー/司会 講師、演者 演題名

2020年5月21日(木)10:10~12:10

※No.をクリックすると「ねらい」にジャンプします。

第16会場
(3F クリスタル(B))
EC-07 初級~上級 症例で学ぶ認知症道場 あなたの診断は? 小林 俊輔
(帝京大学 神経内科学講座)

西尾 慶之
(東京都立松沢病院)
東山 雄一
(横浜市立大学 神経内科学・脳卒中医学)
症例提示1「PPAを見逃していませんか?」
伊関 千書
(山形大学医学部  第三内科)
症例提示2「視・空間認知症状で鑑別する認知症」
二村 明徳
(昭和大学 内科学講座 脳神経内科学部門)
症例提示3「変動する認知症」
西尾 慶之
(東京都立松沢病院)
症例提示4「パーキンソン症候群と認知症」
第17会場
(3F パール)
EC-08 中級 疾患修飾薬使用中の多発性硬化症患者のモニタリングの仕方:最前線と実臨床 吉良 潤一
(九州大学大学院 医学研究院神経内科学分野)

作石 かおり
(東京大学医学部附属病院 神経内科)
横山 和正
(順天堂大学 医学部脳神経内科)
Responderとnon-responderのモニタリングによる判定:treatment failureのモニタリングの仕方
新野 正明
(国立病院機構北海道医療センター 臨床研究部)
再発によらない障害進行のモニタリング:高次脳機能障害をも含めたモニタリングの仕方
渡邉 充
(九州大学病院 脳神経内科)
サロゲートマーカーによるモニタリングの仕方:最先端と実臨床で可能なこと
中村 優理
(福岡中央病院 脳神経内科)
PMLのモニタリング:モニタリングエビデンスに基づいた疾患修飾薬の選び方
第18会場
(3F サファイア)
EC-09 上級 脳神経内科医に必要な脳死・臓器組織提供の知識 永山 正雄
(国際医療福祉大学大学院医学研究科 脳神経内科学)

西山 和利
(北里大学医学部脳神経内科学)
永山 正雄
(国際医療福祉大学大学院医学研究科 脳神経内科学)
国内外における脳死判定の歴史、現状と動向
横田 裕行
(日本医科大学大学院外科系救急医学分野)
わが国における脳死判定・臓器組織提供の現状と今後の方向性
園生 雅弘
(帝京大学病院 脳神経内科)
神経電気生理学的立場からみた脳死判定の現状
赤松 直樹
(国際医療福祉大学 医学部 脳神経内科)
脳死判定のおける脳波測定の意義と実際
会場
【ホテルグランヴィア岡山】
No. 対象レベル テーマ オーガナイザー/司会 講師、演者 演題名

2020年5月21日(木)15:40~17:40

※No.をクリックすると「ねらい」にジャンプします。

第16会場
(3F クリスタル(B))
EC-10 中級 末梢神経疾患を知ろう 楠 進
(近畿大学医学部 脳神経内科)

辻 有希子
(京都府立医科大学大学院 医学研究科 神経内科学)
野寺 裕之
(金沢医科大学医学部 神経内科学)
神経生理学的検討
清水 潤
(東京工科大学医療保健学部理学療法学科)
病理学的検討
海田 賢一
(防衛医科大学校 神経・抗加齢血管内科)
自己抗体解析
髙嶋 博
(鹿児島大学病院 脳神経内科)
遺伝子解析
第17会場
(3F パール)
EC-11 中級 目で診るMovement disordersの臨床 山本 光利
(高松神経内科クリニック)

長谷川 一子
(国立病院機構相模原病院 神経内科)
波田野 琢
(順天堂大学医学部付属順天堂医院 脳神経内科)
Levodopa-induce dsykinesia
渡辺 宏久
(藤田医科大学医学部 脳神経内科学)
Atypical parkinsonism
山本 光利
(高松神経内科クリニック)
Drug-induced movement disorders
第18会場
(3F サファイア)
EC-12 中級 脳神経内科医が知っておきたい睡眠ポリグラフ検査(PSG) 小栗 卓也
(公立陶生病院 脳神経内科)

立花 直子
(関西電力病院 睡眠関連疾患センター)
立花 直子
(関西電力病院 睡眠関連疾患センター)
一般総合病院脳神経内科における睡眠専門診療の現状と運用
村木 久恵
(大阪回生病院 睡眠医療センター)
PSGの実際:記録から解析まで
大倉 睦美
(大阪回生病院 睡眠医療センター・脳神経内科)
睡眠呼吸障害のPSG
小栗 卓也
(公立陶生病院 脳神経内科)
PSGを神経疾患に応用する
会場
【ホテルグランヴィア岡山】
No. 対象レベル テーマ オーガナイザー/司会 講師、演者 演題名

2020年5月22日(金)10:10~12:10

※No.をクリックすると「ねらい」にジャンプします。

第16会場
(3F クリスタル(B))
EC-13 中級 筋電図塾 in 岡山 幸原 伸夫
(神戸市立医療センター中央市民病院 脳神経内科)

関口 兼司
(神戸大学大学院医学研究科 脳神経内科)
幸原 伸夫
(神戸市立医療センター中央市民病院 脳神経内科)
考える針筋電図
関口 兼司
(神戸大学大学院医学研究科 脳神経内科)
neurogenic? or myogenic?
田村 暁子
(住友病院 脳神経内科)
症例検討
第17会場
(3F パール)
EC-14 中級 もっと学びたい!今日から役立つ神経リハビリテーション 古和 久典
(国立病院機構松江医療センター 統括診療部(脳神経内科))

野川 茂
(東海大学医学部附属八王子病院 神経内科)
野﨑 園子
(関西労災病院 神経内科)
嚥下障害のメカニズムとリハビリテーション-神経変性疾患を中心に
大槻 美佳
(北海道大学大学院 保健科学研究院)
失語症のメカニズムとリハビリテーション-神経変性疾患を中心に
中馬 孝容
(滋賀県立総合病院 リハビリテーション科)
パーキンソン病のリハビリテーションー初期と進行期,時期に応じた対応法
中島 孝
(独立行政法人国立病院機構新潟病院 脳神経内科)
ロボットスーツHALの効果-最新情報
第18会場
(3F サファイア)
EC-15 中級 老年期神経疾患の画像診断tips;典型例と非典型例を識る 冨本 秀和
(三重大学病院 脳神経内科)

佐々木 真理
(岩手医科大学 医歯薬総合研究所 超高磁場MRI診断・病態研究部門)
澤本 伸克
(京都大学医学研究科人間健康科学系専攻 近未来型人間健康科学融合ユニット)
非典型的アルツハイマー病
鈴木 正彦
(東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 脳神経内科)
大脳皮質基底核症候群
冨本 秀和
(三重大学病院 脳神経内科)
混合型認知症
小野 賢二郎
(昭和大学医学部内科学講座 脳神経内科学部門)
超高齢発症の認知症疾患
会場
【ホテルグランヴィア岡山】
No. 対象レベル テーマ オーガナイザー/司会 講師、演者 演題名

2020年5月22日(金)13:30~15:30

※No.をクリックすると「ねらい」にジャンプします。

第16会場
(3F クリスタル(B))
EC-16 初級~上級 めまいと眼球運動障害を簡単に理解するコツ 南里 和紀
(軽井沢病院 内科・脳神経内科)

城倉 健
(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 脳神経内科)
南里 和紀
(軽井沢病院 内科・脳神経内科)
中枢性めまいの診断と治療
五島 史行
(東海大学耳鼻咽喉科)
前庭性片頭痛 -頭痛とめまいの関連について-
城倉 健
(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 脳神経内科)
脳に起因する眼球運障害
三村 治
(兵庫医科大学眼科)
神経眼科からみた眼位・眼球運動障害の見方
第17会場
(3F パール)
EC-17 初級~上級 知っていて、解っていない神経診察の基本 宇川 義一
(公立大学法人福島県立医科大学 神経再生医療学講座)

市川 弥生子
(杏林大学医学部 神経内科)
小林 俊輔
(帝京大学 神経内科学講座)
しゃべりにくいとは:構音障害だけでない
寺尾 安生
(杏林大学医学部  病態生理学教室)
眼球運動:目力は大事
内藤 寛
(伊勢赤十字病院 脳神経内科)
歩行:歩くとは転ぶ事
宇川 義一
(公立大学法人福島県立医科大学 神経再生医療学講座)
随意運動と不随意運動
第18会場
(3F サファイア)
EC-18 臨床病理カンファレンス 村山 繁雄
(東京都健康長寿医療センター 神経内科・バイオリソースセンター・ 高齢者ブレインバンク・神経病理)

髙尾 昌樹
(埼玉医科大学国際医療センター 神経内科・脳卒中内科)
諏訪園 秀吾
(独立行政法人国立病院機構沖縄病院 脳・神経・筋疾患研究センター)
症例1:40歳代前半に緩徐進行する下腿・肩甲型筋力低下で発症、50歳代から難聴・失語・性格行動変化が続発した1例(臨床)
別宮 豪一
(大阪大学大学院医学系研究科 臨床医学専攻神経内科学)
症例1の臨床ディスカッサント
種井 善一
(東京都健康長寿医療センター 高齢者バイオバンク・ブレインバンク)
症例1:40歳代前半に緩徐進行する下腿・肩甲型筋力低下で発症、50歳代から難聴・失語・性格行動変化が続発した1例(病理)
長谷川 成人
(東京都医学総合研究所認知症・高次脳機能研究分野認知症プロジェクト)
症例1の病理ディスカッサント
尾方 克久
(国立病院機構東埼玉病院 神経内科/臨床研究部)
症例2:長期に経過をみられた脊髄小脳変性症の1例(臨床)
安部 鉄也
(山口県立総合医療センター 脳神経内科)
症例2の臨床ディスカッサント
髙尾 昌樹
(埼玉医科大学国際医療センター 神経内科・脳卒中内科)
症例2:長期に経過をみられた脊髄小脳変性症の1例(病理)
山田 正仁
(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科 脳老化・神経病態学(脳神経内科学))
症例2の病理ディスカッサント
会場
【ホテルグランヴィア岡山】
No. 対象レベル テーマ オーガナイザー/司会 講師、演者 演題名

2020年5月22日(金)15:40~17:40

※No.をクリックすると「ねらい」にジャンプします。

第16会場
(3F クリスタル(B))
EC-19 医学生・初期研修医対象 頭痛学入門:明日から始める一歩踏み込んだ頭痛診療/td> 立岡 良久
(立岡神経内科 脳神経内科)

永田 栄一郎
(東海大学医学部 内科学系神経内科)
古和 久典
(国立病院機構松江医療センター 統括診療部(脳神経内科))
ICHD-3と片頭痛の疫学・遺伝子
仁平 敦子
(中村記念病院 神経内科)
片頭痛診断と治療のコツ
海野 佳子
(杏林大学病院 脳卒中医学教室)
慢性化した頭痛の鑑別診断と治療対策
秋山 久尚
(聖マリアンナ医科大学 脳神経内科)
2次性頭痛を見逃さない心得
第17会場
(3F パール)
EC-20 上級 アクセプトされる論文の書き方 鈴木 則宏
(湘南慶育病院 脳神経内科)

飯ヶ谷 美峰
(北里大学北里研究所病院 神経内科)
木村 淳
(Dept. of Neurology, University of Iowa Health Care)
英文論文の書き方ー研究成果を世界に問うには
下畑 享良
(岐阜大学大学院医学系研究科 脳神経内科学分野)
研究成果の論文へのまとめ方の要点
中原 仁
(慶應義塾大学医学部 神経内科)
原著論文の書き方と過酷なレビューを克服するrebuttalの方法
根来 清
(ねごろ神経内科クリニック)
症例報告の意義と書き方ー症例からの新知見の発掘と効果的な記述の方法
鈴木 則宏
(湘南慶育病院 脳神経内科)
総説とは何か?-引用される総説の書き方
第18会場
(3F サファイア)
EC-21 医学生・初期研修医対象 キソから学ぶ筋疾患 濵野 忠則
(福井大学医学部 脳神経内科)

久留 聡
(鈴鹿病院 脳神経内科)
久留 聡
(鈴鹿病院 脳神経内科)
筋疾患の診察法について
濵野 忠則
(福井大学医学部 脳神経内科)
神経筋疾患における筋MRI所見の特徴
木村 正剛
(名古屋大学大学院医学研究科神経内科、国立病院機構鈴鹿病院脳神経内科)
筋生検のキソ
鈴木 重明
(慶應義塾大学医学部 神経内科)
炎症性筋疾患、壊死性ミオパチの血清学的診断
会場
【ホテルグランヴィア岡山】
No. 対象レベル テーマ オーガナイザー/司会 講師、演者 演題名

2020年5月23日(土)10:10~12:10

※No.をクリックすると「ねらい」にジャンプします。

第16会場
(3F クリスタル(B))
EC-22 医学生・初期研修医対象
(定員:先着30名)
医学生・初期研修医のための神経診察実習―神経診察を学ぼう― 三井 良之
(近畿大学医学部 総合医学教育研修センター・脳神経内科学)

廣西 昌也
(和歌山県立医科大学附属病院紀北分院 内科・脳神経内科)
三井 良之
(近畿大学医学部 総合医学教育研修センター・脳神経内科学)
廣西 昌也
(和歌山県立医科大学附属病院紀北分院 内科・脳神経内科)
中山 宜昭
(和歌山県立医科大学 神経内科学講座)
森 めぐみ
(和歌山県立医科大学 脳神経内科)
上野 莉乃
(近畿大学附属病院 神経内科)
吉川 恵輔
(近畿大学医学部附属病院 神経内科)
第17会場
(3F パール)
EC-23 医学生・初期研修医対象 ここまで来ている!最新の脳卒中診療 古賀 政利
(国立循環器病研究センター 脳血管内科)

井上 学
(国立研究開発法人国立循環器病研究センター 脳血管内科/脳卒中集中治療科)
斎藤 こずえ
(奈良県立医科大学 脳神経内科・脳卒中センター)
最新の脳卒中超音波診断
井上 学
(国立研究開発法人国立循環器病研究センター 脳血管内科/脳卒中集中治療科)
最新の脳卒中画像診断
山上 宏
(国立病院機構大阪医療センター 脳卒中内科)
血栓回収療法のすべて
長尾 毅彦
(日本医科大学多摩永山病院 脳神経内科)
最新の抗血栓療法
角田 亘
(国際医療福祉大学医学部リハビリテーション医学講座)
最新の脳卒中リハビリテーション
吉村 壮平
(国立研究開発法人国立循環器病研究センター 脳血管内科)
脳卒中研究の世界メソッド
第13会場
(大阪国際会議場 8F
801~802会議室)
EC-24 医学生・初期研修医対象 ライフスタイルに鍵あり!?科学的アプローチから認知症の予防、早期発見、治療、ケアを学ぼう! 葛谷 聡
(京都大学大学院医学研究科 臨床神経学)

篠原 もえ子
(金沢大学医薬保健学総合研究科 認知症先制医学)
秋口 一郎
(康生会武田病院 脳神経内科)
筋肉に着目した認知症の予防科学
宮本 将和
(京都大学大学院医学研究科臨床神経学)
漢字書字能力の低下は日本人アルツハイマー病の早期症状!?
山田 正仁
(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科 脳老化・神経病態学(脳神経内科学))
認知症地域コホートを起点とする食品関連因子による認知症予防法開発
武地 一
(藤田医科大学医学部 認知症・高齢診療科)
認知症における適切なケア提供 ~地域密着型認知症カフェへの取り組みを中心に~