投稿をお考えの方へ

編集後記より

 本号は「臨床神経学」57巻2号でありますが,本誌が完全オープンアクセスジャーナルとなってから,2年余りが経過しました.地方会の抄録以外の掲載論文は全て,ID パスワードの認証無しで閲覧可能となっています.電子化の取り組みはそれ以前から始まり,すでに48巻11号からJ-STAGEへの掲載が始まっております.さらに,本誌の過去の論文の電子化(PDF)が目標となっており,編集委員会で今後検討していく予定です.このモデルとして,日本消化器外科学会雑誌が1973(6巻2号)〜2010年(43巻12号)をPDF化し,会員の便宜をはかっていることが挙げられます.
 最近,症例報告を掲載する雑誌が減っておりますが,本誌はよくまとめられた症例報告が多く掲載されている貴重な雑誌であり,英文抄録はPubMed/MEDLINEにも掲載されますので,世界の人々に貴重な症例を示すことができます.
 本誌は投稿システムもScholarOne使用により完全に電子化されており,編集業務がスムースに行われております.小生は3つの他学会誌の編集委員長をしてまいりましたが,編集業務,雑誌の印刷までどのようなシステムを使うか,各誌さまざまです.本誌は完全に電子化し印刷物は発行していないため,冊子は手に入りません.他誌では電子化しても冊子も残している学会もありますが,冊子を作成する段階で多くの費用が発生するため,将来は冊子として残すことが困難になってくることが予想されます.
 話しはかわりますが,多くの論文の査読をしていて感じることが2つあります.一つは倫理の問題です.最近,NOAC(DOAC)として新しい抗凝固薬が出てまいりましたが,それらを現在,適応となっていない疾患において使用した場合などには,院内の倫理委員会を通してから行う必要があります.しかし,その手順を踏んでいない論文が時々投稿されてきます.治療に関する症例報告では,その他の分野でも同じようなケースが散見されます.平成27年には「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」も公表されていますので,この問題には真摯に取り組んでいただきたいと思います.もう一つはCOIの問題です.一つの論文で「COIあり」と書かれているのに,新たに投稿された論文で同じ著者が入っているにもかかわらず,「COIなし」と書かれていることがしばしば見受けられます.これは筆頭著者が教室の上司によく聞かないで「COIなし」としてしまったのではないかと推測されます.各教室で若いときからCOIの問題にも注意を払う習慣をつけることが何よりも重要です.この2つの問題は,論文を指導する立場の先生方が目を光らせてご指導いただくことを願っております.  今後も本誌へ質の高い論文を投稿していただくことを希望しております.

(荒木 信夫)

投稿者へのアピールポイント

日本の神経内科学のリーディングジャーナルとして

  • ★PubMed/MEDLINEにabstractだけでなく、全文が収載されています。
  • ★日本の神経内科学のリーディングジャーナルとして、年間100万件以上(2014年集計)のアクセスがあります。
  • ★2015年からオープンアクセスジャーナルになり、アクセス数の増加、被引用論文として有利な状況となっています。
  • ★毎月、最新号のメール目次が会員へ配信されています。
  • ★2015年5月から早期公開を開始しています。

若手医師の登竜門として

  • ★卒後間もない先生方に発表の場を提供しています。
  • ★投稿論文は温かく育てましょうという理念の下、査読は極めて教育的、建設的に行われています。
  • ★査読が迅速です(2014年度の初投稿原稿の平均査読日数は16日)
  • ★日本神経学会の英文誌Neurology and Clinical Neuroscienceと同じ、投稿システム「ScholarOne Manuscript」を採用しており、将来の英文誌の投稿へも役立ちます。

症例報告が多く掲載されています

  • ★日々の診療に直接役立つ、日本語での症例報告を多く掲載しています。
  • ★図と表を合わせて最大8個も掲載できるので、多くの情報を共有できます。完全電子化により、カラー代も無料です。
  • ★Letters to the Editorを通して、発表された症例を討議することができます。

その他

  • ★英文投稿も受け付けています。