神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 神経疾患克服に向けた研究推進の提言2016
  • 研修医・一般内科医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

日本神経学会主催 市民公開講座

頭痛と脳卒中

肥後医育二百五十周年記念事業 日本神経学会 公開セミナー

概要

目的
テーマを「頭痛と脳卒中」とした、一般市民対象の医療セミナー
主催
日本神経学会、肥後医育二百五十周年記念事業実行委員会
会期
2007年3月24日(土曜日)14時開演 16時終了
会場
県民交流会館パレア パレアホール
参加範囲
対象/一般
予定参加者数
先着320名 参加費:無料
参加募集方法
熊本日日新聞社告、熊本日日新聞掲載の募集告知広告
参加費
無料

講師およびプログラム(予定)

  • 13時30分  開場
  • 14時  開演
  • <演題1> 14時  「分かりやすい頭痛の話」(20分)
    講師:内野 誠(熊本大学大学院医学薬学研究部教授)
  • <演題2> 14時20分  「危険な頭痛の見分け方と対策」(20分)
    講師:米原 敏郎(済生会熊本病院神経内科部長)
  • 14時40分  【休憩】10分
  • <演題3> 14時50分  「脳卒中の予防と急性期治療」(20分)
    講師:平野 照之(熊本大学医学部神経内科講師)
  • <演題4> 15時10分  「脳卒中回復期のリハビリテーションと在宅療養」(20分)
    講師:渡辺  進(熊本機能病院神経内科部長)
  • 15時30分  総合討論
  • 16時  終了

市民公開講座の一覧へ戻る

このページの先頭へ