神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 神経疾患克服に向けた研究推進の提言2016
  • 医学生・研修医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

医学生・研修医の方へ

2017年度 神経内科サマーキャンプ 東日本(横浜)

(1)事業名:医学生・研修医のための夏季セミナー(神奈川会場)
(2)事業内容:神経内科に関心を持つ医学部学生や初期研修医を対象に、合宿形式のセミナーを実施し、神経内科の魅力を知っていただく企画です。日本神経学会が主催いたします。
(3)セミナー世話人:日本神経学会(担当委員会:教育委員会、広報委員会)
 幹事大学は、北里大学、横浜市立大学、聖マリアンナ医科大学、東海大学です。
(4)日程・開催場所:日程は、2017年7月29日(土)午後~同30日(日)午前、開催場所はオンワード総合研究所(神奈川県横浜市港北区)です。
(5)参加資格:医学部学生(3年生~6年生)、初期研修医
医学部学生と初期研修医の総数で40名~50名を募集いたします。
(6)参加費用:宿泊費、食費(初日の夕食、二日目の朝食)、セミナー参加費については全額を日本神経学会が負担します。交通費は学会規定に基づいた額を支給します。
(7)申し込み方法:希望者は所属する大学の神経内科医局に申し込んでください。各大学の医局は参加者の氏名、所属、連絡先などの情報を日本神経学会の事務局に電子メール(jsn-office@gol.com)でご連絡ください。。より多くの大学からの参加を可能にするため、1大学からの参加者数は原則として上限4名とします。参加者のいる大学からはエスコート役の神経内科医1名程度の参加ができるように手配いたします、エスコート医の交通費、宿泊費、食費は学会が負担いたします。エスコート役の随行は必須ではありませんが、参加者の出欠についての連絡等では各医局に担当窓口をおいていただき、責任ある対応をお願いいたします。
(8)募集期間:本広告掲載時から2017年4月28日正午まで。
(9)選考について:希望者多数の場合、学会にて選考をいたします。
(10)その他:ご不明の点は学会事務局までご連絡ください。電子メールアドレスは、次のとおりです。
jsn-office@gol.com
(11)セミナーの内容:
7月29日(土)午後1時頃集合。開会挨拶に続き、全員参加セミナー3題(仮)(「神経内科の過去、現在、未来」、「治る神経内科~脳卒中診療はどこまで進歩したか」、「ALSの解明と根治への挑戦」)。コーヒーブレークを挟んで、少人数セミナー(頸動脈エコー、TCD、末梢神経エコー、神経診察、開業指南、神経内科よろず相談)。夜は若手からベテランまで多数の神経内科医との夕食会、等。
7月30日(日)午前8時集合。全員参加セミナー3題(仮)(「たかが頭痛、されど頭痛。頭痛はどこまでわかったのか」、「てんかん診療の最前線」、「パーキンソン病克服への道」)、受講証授与式、記念写真撮影、等。午前11時頃解散予定。

このページの先頭へ