神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 神経疾患克服に向けた研究推進の提言2016
  • 医学生・研修医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

総会会長・学術大会会長一覧

日本神経学会賞・楢林賞歴代受賞者及び受賞テーマ一覧表

学会賞 学術研究部門

年度 受賞者 受賞テーマ
2002年度 戸田 達史 福山型筋ジストロフィーおよび類縁疾患の臨床分子遺伝学的研究
2003年度 服部 信孝 パーキンソン病の発症研究
2004年度 岩坪 威 アルツハイマー病ならびにパーキンソン病の分子病態解明に対する貢献
2005年度 高嶋 博 遺伝性ニューロパチーの分子遺伝学
2006年度 結城 伸泰 軸索型ギラン・バレー症候群の発症機構の解明
池田 昭夫 ヒトの随意運動における補足運動野の機能と臨床的意義
2007年度 松浦 徹 脊髄小脳失調症10型の分子遺伝学的解析
2008年度 小野寺 理 脊髄小脳変性症の分子病態機序の解明
2009年度 西野 一三 自己貪食空胞性ミオパチーの病態解明と治療法開発
2011年度 丸山 博文 筋萎縮性側索硬化症の新規原因遺伝子Optineurinの同定
2012年度 岩田 淳 ポリグルタミン凝集タンパク質の細胞内蓄積の意義とその新規分解機構の解明
2013年度 山中 宏二 筋委縮性側索硬化症における細胞群特異的病態の解明
2014年度 勝野 雅央 運動ニューロン疾患の分子病態解明に基づく治療標的開発
2015年度 小野 賢二郎 フェノール化合物に焦点を当てたアルツハイマー病の予防・治療薬の開発
2016年度 舩山 学 パーキンソン病の分子遺伝学研究
2017年度 宮武 聡子 ネマリンミオパチーの遺伝学的研究

※2010年度は該当者なし

学会賞 診療/教育部門

年度 受賞者 受賞テーマ
2003年度 澁谷 統壽 神経内科医の診療向上及び厚生行政上の地位向上への貢献
2004年度 近藤 清彦 神経難病患者の在宅ケアシステム確立への寄与
2005年度 石井 一弘 茨城県神栖町における有機ヒ素中毒の発見と疫学的・臨床的検討
2007年度 堀川 楊 在宅神経難病患者を支える地域ケアシステムの確立
2015年度 橋本洋一郎ら 地域完結型の脳卒中診療態勢の構築
2017年度 吉良 潤一ら 福岡県重症神経難病ネットワーク20年の活動
楠 進 神経内科疾患における糖脂質抗体測定

※2002年度、2006年度、2008年度~2014年度、2016年度は該当者なし

楢林賞

年度 受賞者 受賞テーマ
2002年度 松村 賢 パーキンソン症状発現における脚橋被蓋核の生理学的、解剖学的役割
2005年度 古川 芳明 ドーパ反応性ジストニー(DRD)の臨床・遺伝・生化学的研究
2006年度 橋本 隆男 基底核疾患における運動障害の病態解明および治療法開発の研究
2007年度 織茂 智之 パーキンソン病及びレヴィー小体型認知症のMIBG心筋シンチグラフィーを用いた早期診断法の確立とその病態機序に関する研究
2008年度 望月 秀樹 パーキンソン病の遺伝子治療研究
2009年度 村田 美穂 新しい抗パーキンソン病薬ゾニサミドの発見
2010年度 河村 満 パーキンソン病における認知障害の研究:特に社会的認知機能障害と扁桃体機能障害との関連について
2011年度 岡澤 均 ハンチントン病の分子病態解明
2012年度 武田 篤 パーキンソン病を中心としたシヌクレイノパチーの病態研究
2013年度 宇川 義一 パーキンソン病の磁気刺激治療法の開発研究
2015年度 貫名 信行 大脳基底核疾患研究の病態脳科学的展開
2016年度 若林 孝一 蛋白蓄積病としてのシヌクレイノパチーの分子病態病理
2017年度 服部 信孝 パーキンソン病の発症機序の解明

※2003年度、2004年度、2014年度は該当者なし

このページの先頭へ