神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 脳神経疾患克服に向けた研究推進の提言2020
  • 医学生・研修医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

お知らせ

  • ホーム
  • お知らせ
  • 多発筋炎・皮膚筋炎に対するメトトレキサートの保険上の取り扱いについて

多発筋炎・皮膚筋炎に対するメトトレキサートの保険上の取り扱いについて

 かねて本学会より「薬理作用に基づく医薬品の適応外使用事例」(いわゆる55年通知)に基づく標題の申請を行ってまいりましたが、この度(2021.9.27)厚労省より、「原則として、『メトトレキサート【内服薬】』を『多発性筋炎・皮膚筋炎』に対して処方した場合、当該使用事例を審査上認める」旨報告がございましたのでお知らせいたします。
 なお、留意事項として以下の記載があることにご留意ください。

  1. (1)当該使用例の用法・用量
     メトトレキサートとして、通常、成人には1週間に16mgを超えない量を1日又は2日にわたって経口投与する。
  2. (2)本剤は関節リウマチに広く使用されているが、一概に安全な薬剤ではなく、特に骨髄障害は致命的と成り得るため、十分な配慮が必要である。日本リウマチ学会編「関節リウマチ治療におけるメトトレキサート(MTX)診療ガイドライン」等を参照しながら投与されることが肝要である。

https://www.ssk.or.jp/shinryohoshu/teikyojirei/yakuzai/no400/jirei_353.html

診療向上委員会
長谷川泰弘

医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて