神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 神経疾患克服に向けた研究推進の提言2018
  • 医学生・研修医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

お知らせ

COVID-19対応脳卒中プロトコルについて

脳卒中診療に携わる神経学会会員の皆様

コロナウイルス感染症蔓延のなかで神経疾患の診療に日々ご尽力されていることと存じます。脳卒中は初療時にコロナウイルス感染の可能性が否定できないため、すべての脳卒中患者はCOVID未判定者として感染を前提に対応することが求められています。また、武漢からの報告ではCOVID患者221名中13名(5.8%)が脳卒中を発症したとの報告もあり、脳卒中で診た患者がCOVID感染者である可能性を否定できません。このため、脳卒中学会COVID-19対策プロジェクトチームではCOVID-19対応脳卒中プロトコルを作成し、4月24日に上梓しています。この度脳卒中学会のご協力により、COVID-19対応脳卒中プロトコルにリンクを貼らせていただきました。初療から転院まで、tPAや血栓回収療法も含めて注意すべき事項が詳細に記載されています。ぜひ、一度プロトコルを通読頂いて急性期脳卒中診療にお役立て願います。

COVID-19対応脳卒中プロトコル

脳卒中特別対策委員会委員長
冨本 秀和

このページの先頭へ