神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 神経疾患克服に向けた研究推進の提言2016
  • 研修医・一般内科医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

資格試験のお知らせ

2017年度(第43回)日本神経学会神経内科専門医試験実施について

 2017(平成29)年度(第43回)日本神経学会神経内科専門医試験を下記の要領で行いますので、お知らせ致します。試験は2002(平成14)年度(第28回)より第一次試験と第二次試験に分かれて行われ、第一次試験の合格者のみが第二次試験を受けられます。第二次試験のみの不合格者は、その後5年間で、3回まで第一次試験が免除されます。

第一次試験(筆記試験;必修問題(ミニマムリクアイアメント)、一般問題、症例問題)

1 日時

2017(平成29)年6月10日(土曜日)、9:30~17:30を予定

2 場所

東京大学駒場Ⅰキャンパス11号館1階

3 受験資格

(「第43回日本神経学会専門医試験の手引」でも確認して下さい )
2017(平成29)年度は以下のとおり。

1)日本国の医師免許証を有する者

2)受験時に初期研修を含む臨床研修期間を6年以上有するもので、かつ本学会正会員歴を3年以上有する者

3)日本内科学会認定内科医であること

4)上記2)の臨床研修期間について、本学会が認定する教育施設・准教育施設・教育関連施設においての研修が次の②のいずれかを満たす者

  1. ①2008(平成20)年5月に承認され、2009(平成21)年度から適用されている施設認定基準を「新施設認定基準」とし、それ以前の施設認定基準を「旧施設認定基準」と称することとします。「旧施設認定基準」はさらに2006(平成18)年度以前の「基準B」と2006年度から実施されている「基準B'」に分かれています。2009(平成21)年度以降は当分の間、「旧施設認定基準による教育関連施設での研修」は、「新施設認定基準による准教育施設での研修」と読み替えるものとします。
  2. ②「新施設認定基準」(2009(平成21)年度以降【2011(平成23)年改定、2012(平成24)年度より適用】)で必要とされる研修歴は次の通りです。
    1. (1)教育施設で3年以上
    2. (2)教育施設2年以上、かつ准教育施設を含めて合計3年以上
    3. (3)教育施設2年以上、かつ准教育施設・教育関連施設を含めて合計4年以上
    4. (4)教育施設2年未満の場合、准教育施設含めて合計4年以上
      (准教育施設のみでの4年間を含む)
    研修期間を算定する場合は、一週の勤務実態は4日(32時間)以上を原則とする。
    なお、研修期間として認定する勤務実態は、研修に必要な内容を伴うものでなければならない。
    教育施設での非常勤勤務による研修期間は、下記に従って算定し研修期間として認定できる。
    認定する研修期間は神経内科研修の最後に所属した施設の研修施設指導管理責任者(指導医)が証明書を提出し、その証明書を専門医認定委員会(以下「委員会」という。)が審査して認定する。研修期間は1年を超えないものとする。
    1. (1)週3日(24時間)の勤務実態があれば、その期間の3/4を研修期間と認定
    2. (2)週2日(16時間)の勤務実態があれば、その期間の1/2を研修期間と認定
    3. (3)週1日( 8時間)の勤務実態があれば、その期間の1/4を研修期間と認定

参考に旧施設認定基準を示します。旧施設認定基準で必要とされる研修歴は次の通りです。 「旧施設認定基準:基準B」(2005(平成17)年度まで)

  1. (1)教育施設で3年以上
  2. (2)教育施設で2年以上と教育関連施設で1年以上
  3. (3)教育関連施設で4年以上

「旧施設認定基準:基準B'」(2006(平成18)年度~2009(平成21)年度)

  1. (1)教育施設で3年以上
  2. (2)教育施設で2年以上と教育関連施設で1年以上
  3. (3)教育施設で1年以上と教育関連施設で3年以上

2012(平成24)年度より、受験資格は上記の「新施設認定基準」に一本化されています。
「旧施設認定基準」で既に研修を終了している受験生は、上記①のとおり「教育関連施設」を新施設認定基準の「准教育施設」と読み替えて下さい。
これらのいずれにも該当しない場合は、委員会で書類審査を行い、受験の可否を決定します。
また、外国での臨床研修についても、委員会で書類審査を行い、受験の可否を決定しますので、該当する受験生は申し出て下さい。

4 注意事項

繰り返しになりますが、2012(平成24)年度より、受験資格は上記の「新施設認定基準」に一本化されています。また2011(平成23)年度以降は、専門医試験受験申請時に、神経内科研修の最後に所属した施設の研修施設指導管理責任者(指導医)による「研修修了証明書」、および自己申告による「ミニマムリクアイアメント達成状況表」の提出が必要になっています。

5 受験申込書類(手引き等)の請求

会員番号・ご所属・氏名を明記し、郵送料として600円分の切手を同封の上、「日本神経学会事務局 2017年度 第43回神経内科専門医試験申し込み」宛て(〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-21 一丸ビル)でご請求ください。2017年1月より順次送付致します。
郵送先は、会員管理に登録されている送付先となりますので、住所変更手続きにご注意下さい。

6 受験申請の方法

1)所定の受験申込用紙に必要事項を記入し、所定の返信用封筒で簡易書留郵便にてお送り下さい。同時期に受験料は同封の振込用紙で郵便局よりお振り込み下さい。

2)受験申請の際提出すべき書類

  1. (1)医師免許証の写し
  2. (2)受験申込書
  3. (3)願書(正)・(副)
  4. (4)経験した疾患名、症例数および検査の記入用紙(書き方の詳細は手引きを参照)

    ●神経疾患の分類:
    ①血管障害、②感染、炎症、③変性、④脱髄、⑤中毒、⑥代謝、⑦腫瘍、⑧機能性、⑨先天性、⑩脊髄・脊椎、⑪末梢神経、⑫神経筋接合部および筋、⑬自律神経、⑭その他

    ●経験症例数:
    各疾患名の後に経験症例数を( )で附記すること。
    記入例:
    ①血管障害:心原性脳塞栓症(30)、アテローム血栓性脳梗塞(30)、ラクナ梗塞(30)、脳出血(10)、クモ膜下出血(5)、その他(8)など

    ●神経学的検査:自らが実施した数を記入して下さい。
    記入例 ⇒ 脳波(検査の実施数:20 、結果の判読数:100 )剖検(例数:5 )

    ●症例数が多く疾患名を記入しきれない場合は、別紙(A4)を追加して記入して下さい。

    ★提出部数:オリジナル1枚、同コピー5枚の計6枚
    オリジナルは、手書き可、word文書にて作成したものを切り貼りしても可。

  5. (5)症例サマリー10例(書き方の詳細は手引きを参照)

    ●使用用紙:1症例につきA4サイズで2ページ必ず両面1枚に印刷して下さい。

    ●使用活字:MSP明朝で11ポイント、1行文字数40字程度、2,500字前後。

    ●スタイル:
    最初に「症例のポイント」、「臨床診断」を、次いで主訴、既往症、家族歴、現病歴、一般身体所見、神経学的所見、所見のまとめ、診断に関する考察、主な検査所見、経過、考察の順に記載すること。全体は2,500字程度とし、最後に文字数を記載、及び指導医のサインをもらって下さい。

    ●症例内容:
    特定の疾患に偏ることなく、できる限り神経疾患の分類①~⑭の異なる分野から症例を選ぶように努め、また剖検例も出来る限り含めて下さい。

    ★提出部数:
    10例を1部としまとめ、指導医のサインのあるオリジナル1部とそのサイン済みの症例サマリーのコピー4部の計5部
    ホチキス留めはしないで下さい。(クリップ留め・付箋での区切り可)

     症例サマリーは2010(平成22)年度から採点の対象としています。2名の査読者のいずれかが不可と判定した場合には、修正の上再提出を求め、再提出された症例サマリーは専門医認定委員会で最終審査を行います。採点結果は、第二次試験の面接時に資料として用いられます。
     誤字、脱字、漢字の変換ミス、あるいはコピーペーストが不適切なサマリーが目立ちますので、提出前に必ず点検して下さい。

  6. (6)ミニマムリクアイアメント達成状況表(用紙は学会HPよりダウンロードし、必ず両面印刷して下さい。)
  7. (7)研修修了証明書(学会HPよりダウンロードして使用して下さい。)
  8. (8)研修歴記入表
  9. (9)受験料:第一次試験30,000円
    上記提出書類は返却しません。
7 受験申請期間

2017(平成29)年2月13日(月曜日)より3月17日(金曜日)(消印有効)
第一次試験の受験者への受験票の発送は、4月下旬となります。

8 第一次試験の合格通知

試験終了後10日以内に速達親展郵便で合否を通知します。
合格者には同時に、第二次試験用申請方法・必要書類を同封します。

第二次試験(口頭試問)

1 日時 2017(平成29)年7月8日(土曜日)の予定です。時間は受験者個別に通知。
2 場所 都市センターホテル
3 注意事項

面接試験はA、Bの2グループに分かれて実施され、1グループの時間は20分で、試験官はそれぞれ2名です。Aグループでは、神経内科の診察実技が主体になりますので、必ず自分の診察道具(眼底鏡、ペンライト、舌圧子、打腱器、感覚検査用具一式など日常使用しているもの)を持参して下さい。試験会場の都合で、診察用のベッドを用意できない場合があることを予め承知しておいて下さい。また、Bグループでは、神経学に関する知識を、経験症例に基づいて試問しますので、必ず症例サマリー10例のコピーを持参して下さい。

4 受験申請の方法

合格者への郵送物に同封する振込用紙にて、受験料:第二次試験20,000円を郵便局よりお振り込み下さい。

5 第二次試験の合格通知

第二次試験の合否は、試験終了後10日以内に速達親展郵便で通知します。
合格者氏名は学会誌臨床神経学に公示し、「日本神経学会認定証」を後日(10月頃)郵送します。
専門医登録料は10,000円となります。

※第二次試験のみ受験される方へ
2016(平成28)年度:第42回、2015(平成27)年度:第41回、2014(平成26)年度:第40回、2013(平成25)年度:第39回、2012(平成24)年度:第38回試験で、第一次試験は合格、第二次試験が不合格となった方で、「認定内科医」を取得している方が対象となります。受験申込方法は上記6.受験申請の方法【 2)の(6)(7)(8)は除く】に準じます。
なお、第二次試験の受験料は20,000円です。
対象の方には、事務局より申請書類一式を送付致します。
第二次試験のみ受験者への試験時間の通知も、一次試験合格者と同時期の6月下旬となります。

専門医試験の概要

2種類の試験が行われます
  1. 筆答試験(一次試験)
    後に記すような問題が必修問題100問、一般問題100問、症例問題100問の合計300問が出題されます。回答形式はAタイプかX2タイプのいずれかです。。
  2. 面接試験(二次試験)
    神経学的診察技法と臨床神経学の知識を中心に口頭試問を行います。
筆答試験(一次試験)の問題例

例1)上腕外側上部領域の表在感覚を支配する脊髄髄節はどれか(Aタイプ)。

  1. C4
  2. C5
  3. C6
  4. C7
  5. C8

例2)正中神経の支配筋の機能はどれか。2つ選べ(X2タイプ)。

  1. 母指を掌面に平行に外転させる
  2. 母指を掌面に垂直に立たせる
  3. 母指を小指と対立させる
  4. 母指を示指に押し付ける
  5. 母指を背側に伸展させる

このページの先頭へ