神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 神経疾患克服に向けた研究推進の提言2016
  • 研修医・一般内科医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

日本神経学会主催 市民公開講座

日本神経学会主催 公開市民講座
~神経難病の克服と在宅支援に向けて~

概要

会期
2010年8月7日(土曜日)13時45分~16時
会場
岡山コンベンションセンター(通称ママカリフォーラム)
〒700-0024 岡山市北区駅元町14番1号(岡山駅西口直結、TEL:086-214-1000)
参加費
無料(100人参加予定、当日受付)

受付開始 13時15分~

第1部

司会:砂田 芳秀(川崎医大神経内科教授)
13時45分~14時45分

講演1 山陽神経難病ネットワークの活動について(10分)
松浦 徹(岡山大学神経内科准教授)
講演2 愛媛県の多職種神経難病ネットワークによる、その人らしさを支える在宅療養支援(15分+5分)
生駒真有美(愛媛県難病医療連絡協議会 難病・地域連携コーディネーター)
講演3 岡山県在宅支援センターの活動と在宅支援(5分+5分質疑)
近藤 洋介(岡山県難病相談支援センター 次長)
講演4 大学病院における在宅支援の経験から(15分+5分質疑)
平岡久仁子(帝京大学病院ソーシャルワーカー)

14時45分~15時 休憩

第2部

司会:阿部 康二(岡山大学神経内科教授)
15時~16時

特別講演 神経難病の克服と在宅支援~今できることから~(45分+15分質疑)
荻野美恵子(北里大学神経内科講師)

事務局:岡山大学病院 神経内科(TEL:086-235-7365)

市民公開講座の一覧へ戻る

このページの先頭へ