神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 神経疾患克服に向けた研究推進の提言2018
  • 医学生・研修医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

神経内科の主な病気

(疾患・用語編) 代謝性・遺伝性ニューロパチーなど

 ニューロパチー(末梢神経障害)は表1にあるように様々な原因によっておこることが知られています。ギラン・バレー症候群や慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーに代表される免疫性ニューロパチーのほかに、糖尿病、ビタミン欠乏、アルコール依存症などによっておこる代謝性/栄養欠乏性ニューロパチーは頻度が高く、早期に診断することで治療が可能になることから、ニューロパチーの鑑別診断のなかで重要な位置を占めています。
 最近では家族性アミロイドポリニューロパチーやファブリー病などの遺伝性ニューロパチーの分野においても新しい治療法が次々と開発されていますので、ニューロパチーを疑ったときは脳神経内科を受診されることをおすすめします。以下に代表的な代謝性・遺伝性ニューロパチーの特徴について述べます。

表1. ニューロパチー(末梢神経障害)をきたす主な疾患

  1. 炎症性/自己免疫性
      ギラン・バレー症候群
      慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー
      多巣性運動ニューロパチー など
  2. 膠原病性
      顕微鏡的多発血管炎
      好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
      多発血管炎性肉芽腫症
      非全身性血管炎性ニューロパチー
      関節リウマチ
      全身性エリテマトーデス
      シェーグレン症候群 など
  3. 腫瘍性/傍腫瘍性
      傍腫瘍性神経症候群
      神経リンパ腫症
      本態性M蛋白血症
      クロウ・深瀬症候群(POEMS症候群)
      ALアミロイドーシス など
  4. 感染性
      後天性免疫不全症候群
      ライム病
      癩
      帯状疱疹 など
  5. 代謝性/栄養欠乏性
      糖尿病
      尿毒症
      ビタミン欠乏
      (ビタミンB1, 2, 6, 12、葉酸、ニコチン酸、ビタミンEなど)
      アルコール依存症 など
  6. 遺伝性
      シャルコー・マリー・トゥース病
      家族性アミロイドポリニューロパチー
      ファブリー病 など
  7. 薬剤性
      ビンクリスチン
      シスプラチン など
  8. 中毒性
      重金属(鉛、水銀、タリウムなど)
      農薬(有機リンなど)
      有機溶剤(ノルマルヘキサンなど)

詳しくはこちらから

脳神経内科の主な病気の一覧へ戻る

このページの先頭へ