神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 神経疾患克服に向けた研究推進の提言2016
  • 医学生・研修医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

お知らせ

  • ホーム
  • お知らせ
  • 抗補体モノクローナル抗体製剤 ソリリス®点滴静注300mg(一般名:エクリズマブ)の使用に関するお願い

抗補体モノクローナル抗体製剤 ソリリス®点滴静注300mg(一般名:エクリズマブ)の使用に関するお願い

日本神経学会会員 各位

 2017年12月25日、抗補体モノクローナル抗体製剤 ソリリス®点滴静注300mg(一般名:エクリズマブ)につきまして、「全身型重症筋無力症(免疫グロブリン大量静注療法又は血液浄化療法による症状の管理が困難な場合に限る)」の効能・効果および用法・用量が追加承認されました。

同薬剤につきましては髄膜炎菌感染症の発症リスクが高まることが懸念されること等から、その使用に当たってはとくに留意が必要です。厚労省よりこのことに関する注意喚起の周知依頼がありました(添付1 厚生労働省通知(平成29年12月25日))。なお、薬剤の含有量が間違っていたことより、その後に訂正文書が発行されております(添付2 厚生労働省一部訂正通知(平成29年12月28日))。

発売元のアレクシオンファーマ合同会社からも「ソリリス適正使用に関するお願い」が出ておりますので(添付3 アレクシオンファーマ合同会社による適正使用に関するお願い)、合わせてご参照いただき、適応を十分に考えて使用いただきますようお願いします。

平成30年1月10日
日本神経学会免疫性神経疾患セクション

添付1 厚生労働省通知(平成29年12月25日)
添付2 厚生労働省一部訂正通知(平成29年12月28日)
添付3 アレクシオンファーマ合同会社による適正使用に関するお願い

このページの先頭へ