神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 神経疾患克服に向けた研究推進の提言2016
  • 医学生・研修医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

ガイドライン

てんかん治療ガイドライン2010追補版(2014年度)

2014年度てんかん治療ガイドライン2010追補版について

「てんかん治療ガイドライン」作成委員会委員長 宇川 義一

 てんかん治療ガイドライン2010が2010年10月1日に発行され、2012年度に一度追補が追加されている。その後、一部の薬剤の適応拡大がなされ、今後も同様な事が生じる事が予想される。そこで、今回は、既に収載されている薬物のうち今年度の適応拡大にともなう項目の変更をお伝えする必要があると判断して、「2014年度てんかん治療ガイドライン2010追補版」として、追加した。
 これらの追補内容が皆様の日常診療に役立つことを願っている。

目次

第3章 成人てんかんの薬物療法(高齢者てんかんを含む)
CQ3-3
新規発症の部分てんかんの選択薬はなにか
第6章 てんかん症候群別の治療ガイド
CQ6-2
小児欠神てんかんに対する第一選択薬はなにか
第13章 てんかんと女性(妊娠)
CQ13-1
患者教育
③新規抗てんかん薬は妊娠時に使用が推奨されるか

Adobe ReaderダウンロードページへPDFを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。

このページの先頭へ